創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 収支計画 > C/F(キャッシュフロー)について


C/F(キャッシュフロー)について

起業時はC/F(キャッシュフロー)に最も注意が必要です。


これは、損益計算書とは連動しません。例えば、売上げがあっても、回収できていなければ手元にお金がありません(損益上はあるが手元にお金がない状態)。
言うまでもありませんが、お金がなくなった時点で終了パンクです。


起業時などは、信用力がないのでこちらからの支払いは全て現金を要求され、売上げの回収は小切手(や手形・・・)などもザラにあります。


キャッシュで出ていくものに、税金や労働保険の支払いなどもあります。
これは、手元のキャッシュから払っていくしかありません。
税金を払うための融資などはありませんので。


よく「黒字倒産など本当にあるの?」と聞かれることがあります。
何かピンとこないのかもしれませんね。でも、仕事をして(商品を販売して)回収できるのは3か月程度後になる商売はザラにあります。その間、現金が回らなくなればアウト!です。


そのため、手元の現金(キャッシュフロー)は事前に計算しておき、資金計画上で足りなくなる見込みがあれば、事前に国民金融公庫などに借り入れの申し込みをしておく必要があります。
完全に赤字になる状態では、既にどこも貸してくれませんので、融資を受けやすいのも起業時直ぐか、キャッシュがある段階のみだと理解しておきましょう。




Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563