創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 公庫融資資金調達 > 創業融資と見せ金


創業融資と見せ金

金融公庫等の機関で「見せ金」といわれるものがあります。
これが、創業融資の際には非常に問題ですね。

自己資金が足りないときに、親族・友人、もっというとサラ金などから、融資の直前に現金を借りて、これが自己資金ですということですね。

結論から言うと、それは自己資金ではありません。


なぜか?
増えた根拠がないからです。今までの預金通帳に300万円しかないのに、明日から600万円になったら変ですよね。


ちなみに、サラ金から借りたのを「親から借りた」と言い張った場合、親の通帳をもってきてくれと言われた方もいらっしゃいます。


融資担当者に対して「見せ金」は基本的に通用しないと思って下さい。


公庫融資資金調達 の一覧に戻る





Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563