創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 公庫融資資金調達 > 資金調達の順序


資金調達の順序

よく、「事業資金いくらまで借りれますか?」という質問を受けることがあります。
しかし、一概には答えられません。


「必要金額にいくら不足するのですか?」これが答えになります。


売上目標、目標P/L目標C/Fを検討すると、必要な資金額が大体見えてくるはずです。


要は、事業をおこして継続させていくために、いくら必要なのかということです。
自分の手元資金を確認して(自己資金)、外部からの必要な資金の額を把握する必要があります。


資金の確認。
1、自己資金はいくらあるのか
2、設備資金、運転資金でリースやレンタルなどで、初期投資を減らせるものはないか?
3、出資金を出してもらう 借り入れではなく、株式の出資(資本金)などで親・兄弟・友人・知人などに声は掛けれないか?
4、最後に借り入れを検討する。日本政策金融公庫や信用保証協会付融資


資金調達を考える場合、以上の内容等詳細に検討しましょう。




Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563