創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 事業計画書見本 > 自分の強みと弱みが経営資源。起業の目的動機


自分の強みと弱みが経営資源。起業の目的動機

国民生活金融公庫、新規融資申込み時の事業計画書です(国民生活金融公庫資料より)。
(注、現在日本政策金融公庫になり、デザインが若干変わってます。内容はほぼ同じです。


「①創業されるのは、どのような目的、動機からですか。」「この事業の経験はありますか。」の2つの欄に対応します。


書き方 サンプル 飲食店の場合
これまで20年間コツコツと調理一筋で頑張ってきました。将来的に独立する事を夢見ておりましたので、その間、自己資金も少しずつ貯めてきました。自己資金額も一定額に達しましたので、設立に踏み切りました。常連のお客様からのご紹介により、店舗候補も数件でてきたため、この度自分の店をやりたいという、兼ねてからの夢を実現したい、1人でも多くのお客様に、おいしい料理とお酒を味わってもらいたいとの強い気持ちから開業を決意しました。


要するに融資の申請書で、一番上にきていることは、「創業されるのは、どのような目的、動機からですか。それの経験は?」という質問です。つまり起業→企業理念を求めているわけです。


結局のところ、独立起業と言うのは「自分の持っている資源を活用すること」でしかありえません。自分という、存在そのものが経営なのです。例えば、人脈・知識・アイデアなど。


そうすると、まずは、自分の強みと弱みを認識して、「自分を知り、何ができるのか」を徹底して探していく必要があります。研究して、研究して下さい。後で後悔をしても始まりません。やってはいけないことは、まず儲けるありきで、経営を始めてしまうこと。気持ちはわかるのですが、周りの応援を得られないと、儲かる前に干上がる可能性が高くなります。


また、「ただ、好きだから」では成功は難しいです。ラーメン屋さんが好きだからラーメン屋さんをやるでは、潰れているところが多いのです。しかも、店舗代の内装や厨房機器で数千万の借金になって・・。


自分が「やりたいこと」なのか「できること」かを見極めましょう。それが分からないで、ただ「儲けたい!」だけでは絶対に失敗します。専門家に聞いてみても良いでしょう。ただ、経営に「絶対」はありません。最後に自分で「できること」に進んでいくのは、「社長自身」です。




Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563