創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 24融資経営 > 起業と融資と分譲と賃貸


起業と融資と分譲と賃貸

さて、ハードボイルドなテーマ?ですが、要は起業して融資を受けるのに、賃貸がいいか持ち家(分譲)がいいかということです。


どちらでしょうかね?


「持ち家でしょ。信用があるし。」という答えでしょうか。
実は半分ただしいけど、半分間違いという感じです。

通常、持ち家の方が信用が高いと思うじゃないですか。
しかし、分譲を買って(持ち家でも同じです。購入の意味)5年程度の場合、支払った金はほとんどが利息ですよね。
つまり、最初は利息を払っているだけで、一般に家を買うというのは自分の持ち金(自己資金)を減らすことにほかなりません。


また、こう思いませんか?
「今から、起業をするというのに家を買って頭金を使い、起業に使うお金は大丈夫なのかな?」って。
つまり、起業をするといろいろとお金はかかるはずであり、自己資金はなるべく節約して、起業に備えるべきではないのかって。


実は公庫や保証協会(特に公庫)の融資担当者は上記のような見方をするのです。


今から起業するのに、家を買って大きな負債を背負ってしまって大丈夫?と・・・。


まして、購入して5年くらいですと元金も減っておりませんし、融資では不利な材料になります。


半分正しいというのは、もうローンがかなり済んでいる状態であれば(半分以上程度)、返済してきたという信用もありますので、その場合有利に働きます。


注)勿論、奥様に十分収入があるとか、親御さんから相当の頭金を出してもらうとかがありますので、一般論にはなりますが。


先日、起業相談にのった方で、2年前に家を買ったばかりという方がいらっしゃいまして、その旨お話しました。
「でも先生さ~、意味はわかるけれど、ウチのカミサンが購入ってうるさくて、家庭の事情というのもあるじゃないですか?」と怒られましたが?(笑 


おっしゃっている意味もわかるのですよね。
わかる!奥さんの喜ぶ顔も見たいわな。
子供と遊ぶ姿も見たいわな。
俺もがんばって、城を構えたとバーや居間で酒飲みたいわな→北方健三みたいに。


わかるのだけれども、「起業という人生の一大事は、やっぱり起業前からの段取りから始まっている」のです。


昨日、今日、起業を考えて起こしていく人はいないわけで、やはり近いうちに起業する予定で動くのならば購入するかどうかは考えてくださいということです。


将来起業を考えるのならば、事前から考えてほしいと。
成功の確率をあげるために。




Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563