創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 23融資経営 > 社会保険料のプチ節約


社会保険料のプチ節約

今、社労士というお仕事は一年で一番忙しい時期です。
顧問先の年度更新(労災や雇用保険の額届)や算定届け(社会保険料を決める)を行う時期なのですね。


だから、少し社会保険の節約等お話しましょうか。
※以下、例外的な場合もあるので一般論としてお話します。

さて、社会保険の決め方は「平均値をみる」という考え方です。


具体的には4、5、6月の給与額を3で割って、その後1年間の社会保険料額を決定します。
だから、「4~6月は残業をするな」と言われるわけですね。

ということは、昇給はいつがいいの?
はい。わかりますね。
4月が最悪で、7月がベストです(笑


でも会社の決算期が3月というところも多くて、4月昇給が多いのではないかな?


私の顧問先や起業相談を受けた時は、7月にしとけと言い張りますが(笑
1人月3,000円程度の違いでも年36,000円の違いです。
10人もいたら結構大きいですから。


ですから、結論は7月昇給がベスト。


ただ、一般論とお話したのは、残業が多い会社や営業手当てなどで毎月給与が変動する場合、昇給時期はあまり関係ないからです。
固定給と別に、残業代や営業手当ても社会保険の計算に入るので、昇給の時期を変えても効果は薄いでしょうね。


また、注意点は発生ではなく支払い月でみます。
実は、月末絞めの翌々月支払いという会社もあります(笑
この場合、現実的には、2月の給与が4月に支払われるわけで、昇給は5月(つまりこれが7月)でもいいかと(笑


従業員の年齢にもよりますしね。
50歳超くらいの方は、逆に社会保険を多く払っても、近いうちに年金を貰えるわけですからそれでもいいかと思いますし。


ちなみに4~6月が残業等で極端に給与が高い場合など、前年からの平均で見る例外もできましたので、ま一般論でね。


つまり、節約などをするのは大事だけど、会社や従業員の実態にもあわせましょうということです。
あ、上記のことなどは、社長が自分で考えるとかは駄目よ。


こんなの専門家に任せなさい。法律ばかり見てるんだから(それが仕事)。
社長の仕事は別にあるので(笑




Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563