創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 23融資経営 > 起業して心がけていること


起業して心がけていること

5月1日をもって開業5周年を迎えることができました。
皆さんのおかげです。

出来自体には全然満足してないのですが、まぁ何とか生きてこれました。
ものの本には、起業してから5年間潰れないで経営できることは半分と書かれています。


実感でもそんなものですね。


3~4割の会社は潰れているか、又はホントにギリギリで何とかやっているくらいです。


そんなわけで、今回は少し自分のお話をします。いやさせて(笑
開業以来というか、特にここ最近はもっとですが、心がけていることがあります。


それはね・・・。


「忙しい」とか「バタバタしている」とかいわないこと。
常に「ヒマですよ~」と言っています。


「いろいろ忙しくて」とか「バタバタしてまして」とか、いわれる方がいらっしゃいます。


正直、これ「言い訳」から入るのですよね。
相対的に仕事が遅いというか、段取りが悪くなる場合が多い。
だから、まず言い訳から入ることになります。


でも・・・忙しいなんて、相手には関係ないのですもん。


そりゃ、誰だって仕事が詰まっていれば忙しいのはわかります。
でも、人を雇うなり、外注を探すなり、仕事の段取りを見つめなおすなり。
何かしら手立てを講じていかないと仕方ないのです。
だから段取りが悪いと思われる。


「忙しい」と言う場合のもう一つの弊害。
それは「お前とのアポよりも大事なことが他にあるのよ」と聞こえてしまうのです。


これ、大きなことですよね?


相手を大事にしていないことにも繋がります。
そんなつもりは、これっぽっちもないにしても・・・。


だから、言ってはいけないのです。
であれば、折角仕事があっても「他にまわします」となってしまいますよね。


ですから「忙しい」ということだけは言わないようにしてきました。


ホントウに忙しかったら?


来週はたまたまいっぱいで、この日とこの日は大丈夫とか答えます。
大丈夫、お客様は見てますので、ヒマかどうかはわかる。
まぁ、私はホントにヒマなのですが(笑)


今回は私の考えなので、あっているのかどうかわかりません。
が、何かしらの決め事やこだわりというのも大事です。




Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563