創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 23融資経営 > 融資と信用


融資と信用

事業融資(借り入れ)は一度受けておわりでもなく、何度か繰り替えす場合が多くあります。


設備を増やすとか、広告を増やすとか。
企業規模が大きくなると、とうぜん必要経費も大きくなります。


これは、悪いこっちゃない。
というか、健全!

逆に言うと、融資を受けた場合、近いうちに借り増しする可能性が高いわけです。
そこも考えておきましょう。


対策・・・?


ズバリでいいます。
簡単な答えのようですが、「キチンとコツコツ返す」
これにつきます。


延滞や滞納が一度でもあった場合、借り増し等はできないと思って下さい。


正直なところ、一度くらいなら「銀行口座をかえたとき、引き落としがあって、残高不足になった」というような言い訳ができないことはありませんが(苦しい)、それでも査定は大幅なマイナスです。


結局、「信用の積み重ね」ということですね。


それでは、その信用の積み重ねはどれくらいの期間が目安でしょうか。


これもズバリでいきましょう。
「半分の返済」です。


これ、本当です。私が体験してます。
半分返すと公庫から「融資のご入用はありませんか?」というような、電話がかかってきたりします(笑
保証協会も同じです。


そうすると、通常、融資返済は6年~7年(設備・運転などにより違います)ですが、当初から5年=60回で返済するというのも一つの手です。


そうすると、3年後には半分以上返済できます。
3年を一サイクルと考えると、返済は6年や7年ではなく「5年返済」にして、信用を作っていくというも、一つのやり方です。


3年後を睨んだ事業計画、借り入れ計画を考えていきましょうね。




Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563