創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 22融資経営 > 自分がなぜこの仕事をやっているのか


自分がなぜこの仕事をやっているのか

年末だからでもないのですが、最近、「自分がなぜこの仕事をやっているのか」を自問自答しています。


勿論、辞めたくて悩んでいるのではなく、前向きな意味ですが(笑

きっかけは、ささいなことでした。


あるお客様から「箕輪さんはなぜこの仕事をやっているの?」と言われて「○つけたら試験に受かったんで~」と笑っていたのですが、「でも、もう5年近く続けているのだから、何か理由があるでしょ?」というご質問がありました。


実はその方、私のお客様なのですが、プロの研修コーチなので質問がするどい(笑


で、考えてくるわけです。
「う~む。なぜ?この仕事?」って。


勿論、資格業という職種がら、世の中の役に立ちたいとか独立するからには儲けたい。
とか色々な要素はあるのですが、続けていくためには、もっと根源的な「想い」があるはずなんですよね。


で、結局その想いが本人の「強み」になっていくと。


そうそう融資の時も大事なポイントなんですよ。
「御社が他の同業者と違うところはどこですか?」
つまり、同業他社などはたくさんあるのに、その中で生き残っていける理由はなんですか?
という質問をされます。


この質問に対しては明確に答える必要があります。
自社の強みや想いですね。


今から起業される方も起業されている方も、年末年始に少しでも考えてみていいかと思います。
原点復帰の意味で。


勿論、本当に理解しようと思ったら大変です。
おそらく、何か月もかかかります(笑


でも、これって大事なことです。




Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563