創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 22融資経営 > 相対的にはお得なの?


相対的にはお得なの?

最近よく思うこと。


それは、「その商売は相対的に儲かるのかどうか?」です。


例えば、六本木とか歌舞伎町とかで、24時間営業でやっている
お店ってありますよね。


場所も表通りだったりするので、家賃が馬鹿高かったりします。
そう、牛丼とかラーメンのチェーン店などで多い形態です。


これ、実は考えようです。


要は、大事なのは、人が1日中動いている場所
であるということ。1日中お客さんがいる立地ということです。


お店を出した場合、お昼が強いとか夜が強いとか、
お客様が多い時間帯というのがありますよね。
ちなみに、住宅地ですとお昼の方が強かったりします。


逆に言うと、その他の時間は家賃という、まったく無駄な
固定費を払っているわけです。


私の近所にバーがあるのですが、(別の店主が昼間だけ間借り
してラーメン屋をやっているお店があります。
味?まぁそこそこ(笑)本題とははずれました。


これなどは、バーは夜しかお客さんがいないので、固定費を
減らすための一案です。


でも、24時間営業で繁華街のお店って、
一日中お客さんがいるんですよね。


つまり、朝、お昼、夜、深夜と「四毛作」ができたりします。
一毛作ではなく、四毛作ですよ!


そうすると、家賃が3倍くらいしても、相対的には儲かる
可能性が高くなるわけです。


もちろん、扱っている商品や人件費にもよるのですが、
単純に家賃が高いから駄目だ!
ではないということですね。


いろいろな要素を、いろいろな角度から
考えてみる必要があります。


経営をする場合、こういった相対的にお得なのかどうか?
を見抜くセンスがあるかないかが、重要な別れ目になります。




Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563