創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 21融資経営 > 売り上げは「かける」で考える


売り上げは「かける」で考える

今、私のブログの題名は「小さな会社がワークライフバランスで3倍儲かる仕組みをつくる」です。


考え方は(経験などにより)随時変わっていくので、題名はまた変えていくでしょうけど。

先日、ある友人と飲んでいたときに「なぜ3倍なの?」
と言われましたが、酔ってたので「適当」と答えました(笑


実際は、「かける」で考えると3倍くらいにはなるのでは!
という想いからです。


売り上げの図式は業種により異なりますが、通常
お客様×客単価(商品単価)×購入点数(飲食店は回転率)


業種によりますが、大体こんな感じで後はアレンジだと思います。
お客様はさらに、「既存客と新規客」にわけられます。


しかし、いきなりお客様の数を3倍にする!
などの目標は難しいですよね。
料金を3倍にするというのも難しい・・・。


しかし、各項目を1.3倍くらいだったらどうでしょうか?
既存客 ×1.3
新規客 ×1.3
商品単価×1.3
購入点数×1.3


はい。2.8561です。つまり3倍。
ちなみに1.2倍でも2.07→2倍。


売り上げが足りなくて、いきなりお客様の数を3倍にしようとすると、方法論がわからなくなります。


だからみんな、「とりあえず」で値下げをする。
そうすると、忙しくてお客様が増えるけど利益は変わらない。
(利益率の話は別の機会に。今回は売上げのみで考えます)


例えば飲食店で、「100円で食後のコーヒーをつけます」
というサービスも多いですよね?


ランチが650円だとしたら、これで1.15倍です。


こういった工夫を、お客さん数、商品の金額、購入の点数などに少しずつ「ちりばめてみましょう」ということです。
セット価格なんかも同じ考えです。


ポイントカード。あれは既存客の呼び込みです。


業種によるので、手段は様々な方法があります。
どこかの数字を少しだけでもあげていく工夫を考えてみませんか?


そのうち「5倍儲かる」と変えられれば幸せです(笑




Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563