創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 21融資経営 > 起業と企業


起業と企業

【1】起業と企業と


1、起業することと企業の経営と

最近、単に「起業」をすることと、企業として「経営」をしていくことは、
明確に違うと思うようになりました。


2、他の人はどうなの


実は、面白いデータがあります。
政策金融公庫がまとめている「新規開業白書」という新規開業者のデータによると、
開業時個人経営(いわゆる自営業)の方は 66.1%いらっしゃいます。
一方、1~2年程度経った時点での自営業の割合は、 62.2%です。


つまり、開業してから1~2年経って、会社形態(主に株式会社ですが)にされた方は4%程度であり、ほとんどの方はそのまま自分1人(又は奥さんとなど)という形態で営業を続けているわけですね。


3、んでも、儲かったら大きくすればいいのでは


実は、最初に起業する時点で、その方の器というか考え方に依存すると思います。
組織化して大きくしていくか、自分のやれる範囲でと考えるかですね。


つまり、将来的に「儲かったら大きくしよう」では、大きくならないということです。
儲かるように大きな組織を作らないわけですから、当然大きな仕事の対応はできなくなります。
最初のとらえ方、考え方で方向性は決まってくるということです。


4、結局のところ


勿論、どちらがいいとは言えません。
しかし、どういう組織にしていきたいのか(大きくするのか、個人でいいのかなど)
自分の考え方、家族構成、年齢、そして一番大事なお客様へのサービス内容などを検討して、ある程度は最初に起業する段階で決めておきたいですね。


起業家になりたいのか、経営者になっていきたいのか。


私も冒頭でバタバタしていると書きましたが、結局自分の分身を作っていけばいいだけのお話なのですよね。
つまり、私自身が経営者にはなりきれていないのです。


実は、メルマガ等を発行して、一番勉強になるのが自分なのですよね。


本当、ビジネスって面白いものですね。
メルマガを発行すると、本当、勉強になり面白いですよ。もし、既に発行していたら教えて下さいね。
といいつつ、自分の分身という「人を育てる」のが、一番難しいのですが・・・。




Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563