創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 20融資経営 > 開業時と開業後のお金は違う


開業時と開業後のお金は違う

【1】開業時と開業後のお金は違う
1、お金には2種類あるのです。
起業する場合、頭のスミに留めておいて頂きたいのは、お金には「2種類」あるということです。

それは、「開業時に必要な資金」と「開業後の資金繰り」です。


お店をオープンすることを例にして考えますと、お店を出すためのお金と、
オープンしてからの資金繰りということです。


2、少し具体的には
一般的に、起業する際に必要なお金や融資というのは、
ほとんどが「開業時に必要な資金」です。
お店がオープンしてからは、利益を出して資金繰りをするのが普通だからですね。
勿論、利益を出すのは簡単ではありませんが・・。


3、でも、実は開業の時のお金も資金繰りなんです。
ちなみに、開業する時に、資金に余裕があって困る!
という人はあまりいませんよね。


そうではないですか?
やはりギリギリの資金計画を立てる方が多くいらっしゃいます。


しかし・・・。通常、「開店資金の融資」は5年~10年で返済します。
ここに矛盾があるわけです。


何が矛盾ですかって?
開店する時という起業の最初に必要な資金を、
5年から10年かけて返すわけですよ?


これは、最初に書いた「開業後の資金繰り」によって、
利益の中から返済していくわけですね。


そう、これでわかってくることは、金融機関は商売を見る時に、「5~10年間の長期間に渡って、返済をしていけるのか?」
という観点からみるわけですね。


簡単に言うと長期間、遅れずに借金を返してくれるのかということです。


4、つまりはこういうこと
金融機関は、そのときの「開業資金が足りない。何とかしてくれ!」
という目線ではなく、
「いや~商売が順調で、長期間キチンと返済してくれるのですか?」
という視点で融資をするかどうかを判断します。


「いま直ぐ」のお金が足りないという「開業資金を調達したい」起業家と、
長期的な返済を考える金融機関とでは、視点が逆なのです。


であれば、いかに長期的に返済できるのですよ!ということをアピールできるのか?


逆説のようではありますが、いくら借りられるのかは、この点が大きなポイントになるということです。

長期間に渡ってキチンと利益が出せる商売か?事業計画か?資金繰りに無理はないか?
自分の事業に当てはめて考えてみてくださいね。




Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563