創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 20融資経営 > 目的の確定


目的の確定

【1】何の目的で?


会社を設立した起業家や、顧問先の会社にも質問をされることが多いのですが「HP(ホームページ)を作りたいのですが。どのように作りましょうか?」「又はリニューアルしたいのだがどう思う。」というようなことです。


これは、今の時代当たり前のことです。
しかし、最近、実は私は、相手にじっくり聞くようにしていることがあります。


それは・・・「何のためにHPを作るのですか?」ということです。


何を言っているのと思われました?勿論、最終目標は「売上」をあげるため!です。
おっしゃるとおり。しかしです。重要なのは、その前段階のお話です。


ネットの世界は本当に進歩が速いです。「2年でひと昔」くらいの感覚になります。これから、ここに本当は姓様が、インターネットを使って(主要なツールとして)起業したいとお考えの場合、特に首都圏では本当に熾烈な争いになっていますので、十分に検討して戦略をねっていきましょう。


それでは、HPを作る際に私が聞くこと。
それは、まず「お客様に何をしてほしいのですか?」ということ。


○単純に会社のパンフレットとして使いたいのか
○カタログの請求をしてほしいのか
○サンプルを請求してほしいのか
○まずは小雑誌を買ってほしいのか
○会員登録をしてほしいのか
○セミナーなどにきて頂きたいのか


そう、いろいろな使い方があるのです。また、その後も商品やサービスによって変わっていきますよね?


ですから、まずお客様にどういうアクションをしてほしいのかを考える。
そうすると、どういう構成、内容でHPを作成すればいいかが明確になってきます。


これは、チラシやパンフレットも同じことが言えます。実はHPでも、実の店舗でも同じなのですね。いや、「HPは相手の姿が見えない分だけ」余計に考える必要がありますが。


というわけで、今回は、まず「コンセプトを考えましょう」でした。
起業する際の事業計画書など、考え方は全て通じますよね。


私も少しHPのリニューアルを致します(言いきってしまっていいのか?)。
もっと見やすく、使いやすく。少しづつになりますが変えていきますね。




Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563