創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 事業計画書を作成する意味 > 起業の計画立案・段取り


起業の計画立案・段取り

起業で必要なことは、言い古されたことではありますが「段取り」にあります。
マーケティング的にいうのならば
いわゆる「PDCAサイクル」です。


そんなの関係ないと思われるかもしれませんが、「段取り。つまり、目標管理」をしていくという意味で非常に大事なことです。


ゴールが見えないのに、走ることはできません。


PDCAサイクルとは概ね、以下のようなものです。
■PLAN   プラン・計画立案
■DO     ドゥ・実行
■CHECK  チェック・評価
■ACT    アクト・見直し


「起業の事業計画には、この4つのサイクルを考えていく必要があります。
いうなれば、この繰り返し。


起業をする場合、まずは「計画立案、つまりプランを立てていくこと」が最初になります。


でも、自分の頭だけで考えていては始まりません。
まずは、実際に表現してみるため、紙の上に計画立案をたてていってみましょう。




Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563