創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 商品販売等 > 起業時は、持たざる経営も検討する


起業時は、持たざる経営も検討する

例えば、製造業では、売上計画を検討しながら、仕入計画、生産計画、在庫計画を策定していきます。


サービス・卸・小売業は、「生産する」という概念はありませんが、仕入計画や在庫計画は策定していく必要があります。


生産考える際、自社による生産か委託生産にするか、どちらを選ぶでしょうか?


現実的には起業段階では、自前の生産設備を作ること自体が、資金的な点を考えてもリスクが大きくなりすぎるため、外注化するなどのファブレス化自社内では持たざる経営)をしていく場合が多いのではないでしょうか。


しかし、そうは言ってもサービスや商品品質は、自社の核になる部分です。
例え外注にしたとしても、必ず自社での品質管理・商品チェックのみは行って下さい。




Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563