創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 書き方のポイント > お客様の立場からの商品・サービスの戦略と戦術・投入


お客様の立場からの商品・サービスの戦略と戦術・投入

1、セグメンテーション
2、ターゲティング
3、ポジショニング
以上3つから、商品・サービスをどう展開・提供していくのかの概要をつかんでいきましょう。

しかし、一番大事なのは、やはり基本ではありますが「お客様志向・顧客目線」で考えることです。

どんなサービスであれ「買い手」つまり、お客様の立場で戦略・戦術を組むことが基本になります。

お客様のニーズはどうしたら満たすことができるのか検討しましょう。
自分がいいと思うだけの商品・サービスでは、まった売れません。

お客様志向で考える場合、次の3つがポイントになります。
その商品によるお客様のメリットは何か 例:美味しい料理が食べられるなど
提供の形は魅力的かどうか 例:うきうきしてくる色合いなど
商品・サービスの付加価値 アフターサービス、保証の有無など

うしたらお客様の立場になり商品を開発・投入できるかを考えましょう。



Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563