創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 書き方のポイント > 自社の市場のセグメンテーション(細分化)


自社の市場のセグメンテーション(細分化)

商品やサービスを細分化し考えます。 その後顧客の受けるサービス満足度などもを考えるのが、セグメンテーションといわれるものです。

 

商品を「どこの誰に売るか」を検討して明確するものです、自社の商品と特徴を洗い出し、どう対応していくのかを考えます。

顧客のニーズとイメージを明らかにして、さらに細分化していきます。

 

対象顧客 例

20歳台独身女性向けの飲食店

30歳台独身女性向けの飲食店

(20代と少し違いますよね?)

同様に男性顧客の20から30歳代

むしろ、年配のサラリーマン向けの飲食店

→具体的な職業、働く場所、家族、人数、年齢、収入、ライフスタイルなどなどを、一つ一つ検証していきます。

 

その後、なぜ自社の製品を購入するのか(飲食するのか)、 それを購入することによって得られる顧客満足度は何かまで想定していきます。
恩恵を与えられれば商品として成り立りますし、 恩恵を与えることができなければ成り立ちません。




Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563