創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 書き方のポイント > 事業分野と自己の強み


事業分野と自己の強み

例えば、「起業をしたいのだけれども具体的に何をやるか決まっていない」という方もいらっしゃいます。


いずれにしても、自分が何ができるのか?自分を知る必要性があるのですが、どの分野か決まっていない。
何の分野という意味でなら、当たり前ですが「これから伸びる業種」を考えましょう。


少し前までは、これから伸びるのは「フカケツ」と言われていました。(福祉・環境・健康・通信)です。
しかし、現在のところ通信(IT含む)はかなりニッチな隙間でないと難しいです。
本当に流行り廃りの商品サイクルが早い業界ですので。

福祉・健康等は、ずっと無くなりはしませんが、とにかく競争相手が鬼のように多い業界でもあります。
そのため、どういうサービス内容や価格(戦略・戦術)でいくかということが大事になってきます。


また、人と反対の道を行くことも一つの手段です。
ニーズも少ないのですが、競合相手も極端に減るからです。
自分の強みを何で生かしていくかを徹底的に考えましょう。




Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563