創業融資は事業計画書の作成が第1歩。日本政策金融公庫と保証協会起業融資の事業計画書の書き方

創業融資の事業計画書の書き方

日本政策金融公庫や保証協会付創業融資対応。事業計画書作成のご相談。

ホーム |  事務所案内 |  サイトマップ |  料金一覧 |  プライバシーポリシー |  問合わせ |  特定商取引法に基づく表記

創業融資の事業計画書の書き方 TOP > 書き方のポイント > 事業計画の最初は、長期、中期、短期の順番に考える


事業計画の最初は、長期、中期、短期の順番に考える

事業計画は、長期計画、中期計画、短期計画で構成されます。


長期計画は5年程度
中期計画は3年程度
短期計画は1年程度
を目安に作成すると問題ないと思います。


ちなみに、作成の順番も長期→中期→短期の順番で行っていきます。
まずは、遠くから手前にビジョンを考えてみましょう。


事業計画書は、起業後ではなく、必ず起業前に作成するようにしましょう。
また、起業してから5年先の将来などは、正直わかるはずもありません。
そのため、長期計画は「起業理念や何を事業としていくか」くらいを示すだけにしておいてもいいかも知れません。


ブレない考え方と、将来何をやるかの考えです。


大事なことは必ず起業前に計画を考えること。
それが、お客様や従業員とのコミュニケーションになるからです。




Copyright © 2006- [ 起業融資の事業計画書の書き方 ] All rights reserved
創業融資の事業計画書作成 行政書士箕輪オフィス 東京都中央区日本橋兜町19-8 八重洲KHビル4階
TEL:03-6661-7563